世界一受けたい授業で紹介された「仏手柑」

Image283.jpgImage282.jpg


Image281.jpg


いきなりアップしたこの画像


なんだと思います?


これは、


「仏手柑」といいます。


2月7日の「世界一受けたい授業」


の1時間目の社会で


藤田 智 先生が


これは何の仲間でしょうか?


という授業で紹介されたものです。


世界一受けたい授業のサイトはこちら

「仏手柑」と書いて「ぶっしゅかん」と言います。


ブッシュカンは実の形が

仏の手

に似ていることからつけられた名前です。


シトロンというかんきつ類の変種とされています。


しかも、


この仏手柑は、


原産地のインドやその周辺のタイ・ビルマなどでは、


神社・仏閣に飾られています。

日本でも、京都のお寺などで飾るっているところがあります。


大阪や京都の商家では縁起物として扱われていて、


正月に飾られる所が多く見られるそうです。


秋には実の色も黄色く色づきますので


仏壇のお供え物などに利用されます。


また、香りも良いので観賞用に利用されるほか、


中国では乾燥させたものを胃腸薬として利用されているそうです。


我が家にも、画像のように玄関に飾ってあります。


実は、この下に、ロト6を置いておくと


今まで、ずっと1000円当たってます。


そのうち1等が・・・わーい(嬉しい顔)


それだけじゃありません


実は、この仏手柑は私の祖母が


乳がんになって手術したときに、


同室の患者さんが


「この仏手柑に触れて手術受けると必ず成功するし、


転移もしないよ」と言われて、


実際に触れて、手術を受け、見事に成功・・・


しかも、術後も経過はよく、転移も見られなかったそうです。


その後、祖父も手術することになり


手術する前に、やはり触れて入りました。


4時間にものぼる手術でしたが、成功して、


術後も良好で、予定より1週間早く退院できました。


なぜか不思議な力があるみたい・・・


仏様の手の形という縁起物ですからね


私の家の仏手柑、すでに2ヶ月以上経ってますが


まだ腐りもせず、そのままあります。


みなさんも、観賞用に植えてみませんか?


こちらから、苗や果実を購入できますよ


我が家のブログのホームページはこちらから










×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。